キヒトデの生態を解説!日本で最も身近と言われるヒトデで食べられるらしい!

ヒトデの仲間,水の生き物

皆さんは「キヒトデ」というヒトデの仲間をご存知ですか?キヒトデは日本で見られるヒトデの中で最も身近でよく見られるといわれているヒトデです!昔は単に「ヒトデ」と呼ばれていました!そんなキヒトデについて詳しくまとめていますので是非一度ご覧ください!


Left Captionkinokon
どうも!kinokon(@ikimono_net)です!
Right Captionブドウスズメさん
ブドウスズメさんよ。
Left Captionみずくらげさん
みずくらげさんやで~

今回は「キヒトデ」について解説していきたいと思います!

この前の海釣りで友達が引っ掛けて釣り上げたのですが、なんとも毒々しい綺麗な色合いです。

見た目もザ☆ヒトデって感じですね!

Left Captionみずくらげさん
フォルムがかわいらしいなぁ~

ね、ヒトデってなんかかわいいよね!

というわけでこの記事では「キヒトデ」について詳しく解説していきたいと思います!

是非最後まで見ていってくださいね!

キヒトデってどんな生き物?

キヒトデ

キヒトデ目キヒトデ科キヒトデ属

学名:Asterias amurensis

体長:10センチ~20センチほど

生息地:日本(北海道以南)・中国北部・朝鮮半島・ロシア・オーストラリア南部(移入種)

よく見られる場所:浅海・海岸・沿岸など

キヒトデは学名【Asterias amurensis体長は大きなもので20センチほどのヒトデになります!

生息地は日本(北海道以南)・中国北部・朝鮮半島・ロシアで、オーストラリア南部に外来種として生息しています。

砂浜があるような浅い海や堤防近くなどで見ることが出来る身近なヒトデです!

Left Captionkinokon
身近とはいっても海の底にいるんだけどね。

体色について

キヒトデは上の画像のような「赤色」の他にいくつか違う体色のものが存在しています。

他の色としては「白色」「黄色」「濃褐色」などがあるんだそうです!

僕は上の画像のキヒトデしか見たことないんですよね。また友達釣り上げてくれないかな。

Left Captionブドウスズメさん
自分では釣らないの?

名前の由来について

キヒトデは日本で最も身近なヒトデということで元々は単に「ヒトデ」と呼ばれていたヒトデになります。なんか紛らわしいですね。

ですがこれではさっきみたいに紛らわしくなるので発生学者によって「黄色のヒトデ」と言う意味の「キヒトデ」や、黄色でない個体もいることから「マヒトデ」と言う名前が和名として呼ばれるようになりました。

実は和名が3つほどあるヒトデなんですね!基本的には「キヒトデ」が使われています。

Left Captionkinokon
どれ使っても間違いではないのですが、キヒトデを使うのがわかりやすくていいかと思います。

生殖方法について

キヒトデは多くの生き物の増殖方法である「有性生殖」の他「無性生殖」でも増えることが出来る生き物です。

無性生殖の場合は分裂することで増えると言った感じになります!

ヒトデってすげぇですね!

Left Captionみずくらげさん
でも自分がもう一人増えるって考えると変な感じやなぁ~




腕の数が違う個体もいる

キヒトデは基本的には5本足の星型をしているヒトデになります。

ですが稀に足が「4本」だったり「6本」だったりと足の数が違うことがあるんだそうです!

足が多いと動きやすかったりするんですかね?

Left Captionkinokon
でも進化の結果5本足になってるからむしろ歩きにくそうだね。

食用にされることがある

キヒトデは一見食べられるところがなさそうに見えますが、実は一部地域では食用として食べられているヒトデになります!

主に熊本県で食用とされており、現地では「ガゼ」「ゴホンガゼ」と呼ばれ親しまれているようです。

キヒトデは「卵巣」のみ食べることが出来「塩茹で」や「佃煮」など色々な料理にして食べられ、味はウニのようなのだといいます!

Left Captionkinokon
ただヒトデは有害物質を体に溜め込むことがあるので、水質の悪い海で取れたものを食べることはおすすめしません。

寿命について

キヒトデの寿命についてですが、これは正確な年数がわかっていないんだそうです。

ネットで見た感じだとヒトデの寿命は大体5年~8年くらいであると言われています。

ヒトデってあまり飼育とかされないんですかね?子供の時から飼育してる人いないのかな?

Left Captionブドウスズメさん
そのうち分かるようになればいいわね。

餌について

キヒトデはこんな見た目ですが「肉食」の生き物になります!

釣り餌の「ゴカイ」や「イソメ」の他「貝類」なども捕食するんだそうです!

北海道などでは他のヒトデ類と共に「ホタテ」や「アサリ」などを食べてしまうためそれぞれの漁で獲れる貝の漁が減ってしまうと言う被害も起きているんだとか。

Left Captionみずくらげさん
意外と大喰らいなんやなぁ・・・




キヒトデについてのまとめ

 

いかがでしたか?

キヒトデについてわかりましたでしょうか?

Left Captionブドウスズメさん
日本で最もよく見られるヒトデなのね。
Right Captionみずくらげさん
食用にされるのは驚いたなぁ~!!!

そうだね!キヒトデは日本で最も身近に見ることが出来るヒトデと言われていました。

確かに言われてみればいつもよく行く釣り場で干からびたキヒトデらしきものが落ちてたりはよくします

釣れた後海に戻さずにそこら辺に捨てる人がいるんですよ。ほんとひどいことしますよね。

Left Captionkinokon
みんなは釣れちゃっても海に戻してあげてくださいね。

そんなキヒトデは熊本県の一部地域で食用として重宝されていました

食べられるのは卵巣だけですが、ウニのような味がするといううわさでしたね!

僕も食べー・・・いやちょっと抵抗があるな。

Left Captionkinokon
お肉とかでも部位の名前聞くと食べづらくなることない?卵巣かー・・・

と言うわけで!この記事では「キヒトデ」について解説していきました!

楽しんでいただけていたら幸いです!

キヒトデを見つけたら是非観察してみてくださいね

Left Captionkinokon
いじょう!kinokonでした!
Right Captionブドウスズメさん
ブドウスズメさんでした!
Left Captionみずくらげさん
みずくらげさんでした!
関連記事も見てって↓

ヒトデの仲間,水の生き物

Posted by kinokon