アブがしつこく追いかけてくる三つの理由と対策方法を解説!刺された時の対処法も紹介!

2020年4月15日豆知識・雑学,昆虫,ハエの仲間

皆さんは突然アブに追いかけられるという経験をしたことはありませんか?何もしていないのにしつこく追いかけてくるので不思議だし怖いですよね。この記事ではアブが追いかけてくる理由や対策方法について解説しています!是非レジャーに行く前に呼んでおいてくださいね!


Left Captionkinokon
どうも!kinokon(@ikimono_net)です!
Right Captionきのこさん
きのこさんです!
Left Captionブドウスズメさん
ブドウスズメさんよ。

シオヤア

 

皆さんは「アブ」にしつこく追いかけられて怖い思いをしたということはありますでしょうか?

突然大きな羽音がして振り向くとハチのような大きな昆虫が自分の周りを飛んでいたなんて経験をしたという方も少なくは無いでしょう。

逃げてもしつこくずっと追いかけてきてトラウマになったという方もいるのではないでしょうか?

Left Captionkinokon
めちゃくちゃ怖いですよね、昆虫大好きな僕でも怖いですもん。

ではいったい何故アブは我々人間を「追いかけてくる」のでしょう?何かアブの癇に障るようなことでもしてしまったのでしょうか?

というわけでこの記事では「アブが追いかけてくる理由と対策方法」について詳しく解説していきたいと思います!

是非最後まで見ていってくださいね!

アブが追いかけてくる理由と対策方法

アブが追いかけてくる三つの理由について

【ホソヒラタアブ】

 

アブが人間に近寄ってきたり追いかけてきたりする理由についてですが、実はこれには3つほどの理由があります!

が、中にはどうしようもない理由もあるんですよねこれが・・・。

というわけでそれぞれしっかりと解説をしていきます!

Left Captionkinokon
自分に当てはまるものがあるか是非チェックしてみてくださいね!

温度の高いものに寄って来る

オオイシアブ

まず一つ目、アブは「温度の高いものに寄って来る」という習性があります。

人間には体温というものがありますからこれに当てはまりますね。

ちなみにアブは人間の他にもエンジンのついた温度の高い「」に集まってたり追いかけてきたりすることがあります!

Left Captionきのこさん
おう確かに車も起動させると温度が高くなるもんね!

そう、そしてこれが先ほど言ったアブが追いかけてくるどうしようもない理由の一つ目になります。

体の温度を下げるなんて無理ですからね、出来る人間は多分超能力者でしょう。

この記事を読んでくれている人の中で超能力が使える人は少ないと思うのでこればかりはどうしようもないですね。

Left Captionブドウスズメさん
超能力使える人少しは居る想定なのね。

二酸化炭素にもついてくる!

シオヤア

 

アブが追いかけてくる理由としてもう一つは「二酸化炭素」についてくることが挙げられます。

人間呼吸をすれば二酸化炭素を吐きますよね、これアブが人間を追いかけてくる原因の一つとなっています。

呼吸をせずに生きることは不可能ですのでこれは体温と同様にどうしようもありませんよね。

Left Captionきのこさん
呼吸止めたら死んじゃうもんね。

そう、そしてこれまた車にも当てはまるので車にも集まってきます。車は排気ガスを出しますからね。

そう考えたら人間と車ってアブに愛されていると言えますね(言えないよ)

というわけでこれがどうしようもない理由の二つ目になります。

Left Captionkinokon
呼吸を止めて生きていける超能力者いない?

血を吸うために追いかけてくる

【血を吸うアカウシアブ】

 

アブがしつこく追いかけてくる理由の中ではこの原因が一番厄介なのですが、アブの中には「人間の血を吸うアブ」もいます。

といっても日本には血を吸うアブは10種類ほどしかいないのですが、種類が少なくても鉢合わせる可能性は十分にあります。

血を吸うアブは人間の血だけではなく「牛や豚なんかの動物の血も吸う」ようですが、まあ目の前にご飯やってきたら嬉々として吸いにきますよね。

Left Captionきのこさん
このアブは怖いね・・・。

ちなみに刺すのはメスだけで、産卵の際の栄養のために血を吸うのだそうです。

まあとはいってもほとんどの種類のアブは「わ~温度が高い場所がある~」って追いかけてきてるだけなので吸血のアブ以外は特に危険性はありません。稀に間違えて刺してくることはありますが。

とはいえやっぱり吸血性のアブに刺されると痛い上に後々痒くなったりするのでやっかいですね。

Left Captionブドウスズメさん
追いかけてきているのが吸血性のアブなら逃げたほうが良さそうね。




アブに追いかけられた時の対処法

【ハナアブの仲間】

 

さて、ここまではアブに追いかけられる理由について解説してきました。

ほとんどがもうどうしようもないものでしたね。体温下げて呼吸すんなって拷問じゃねーか。

ということでここからはアブに追いかけられた際・追いかけられる前の対策について解説していきたいと思います!

Left Captionkinokon
知っておいてそんはない情報なので是非覚えて帰ってくださいね!

虫除けスプレーをかけておく

アブ対策の一つ目として、アブが居そうな場所に行くときには「虫よけスプレーを使っておく」というものがあります。

これがおそらく一番簡単なアブ対策ですね!アブはもちろん「」なども寄ってきづらくなるので一石二鳥ですね!

とはいえこれは個人的な感想なんですが、虫よけスプレーを使ってても関係無しに突っ込んでくる奴はいます。無いよりはましって考えたほうがいいでしょう。

Left Captionkinokon
たまに虫除けスプレーきかない奴居るんすよねぇ・・・

【おすすめの虫よけスプレー(レジャー行く時には是非!)】

↑この二つはほんと虫寄せ付けないのでおすすめです!夜のカブトムシ採集でお世話になっています!


【カブトムシ採集の記事も書いてますよ!】

赤色や黒色の服など濃い服を着ない

アブは赤色や黒色などといった「濃い色」に寄って来る習性があります。

そのためアブが居そうな場所に行くときは「白色」など色の薄い服で行くと狙われにくくなるでしょう。

ちなみに黒色は「ハチ」も寄ってくる色なので特にやめたほうがいいでしょう。

Left Captionきのこさん
服を変えるだけだから持ってる人はこれが一番簡単な対策になるね!

車のエンジンを止めておく

アブが追いかけてくる理由として「人間の温度が高い」「二酸化炭素を吐く」と言うものがありましたね。

そしてこれは「」にも該当すると解説しました、しかし車はエンジンを切れば温度も低くなり二酸化炭素も排出しなくなります

そのため実は「車のエンジンを止めておく」だけでアブ対策になるのです!アブが活発になるのは暑い時期ですが、必要の無い時には車のエンジンは消すようにしたほうがいいでしょう。

Left Captionkinokon
燃料代も節約できるし一石二鳥だね!




アブに刺されてしまった時の対処法

アブをどれだけ警戒をしていてもやはり「刺されてしまう」と言うことはどうしてもあると思います。

アブに刺されてしまった場合はすぐに流水で患部から血を絞り出すようにして洗い流しましょう

その後は「虫さされの薬」を使用し様子を見て、異常があれば病院へ行くようにしてください。

Left Captionkinokon
アブは毒は持ってないのでハチほど危険ではありませんが、念のためにおおかしいと思ったら病院へ行くことが大切です。

【オススメの虫刺され薬(レジャーに行く前に!)】

夏場は持っておいて損はありませんよ!




アブが追いかけてくる理由と対策方法まとめ

 

いかがでしたか?

アブが人間をしつこく追いかけてくる理由についてわかりましたでしょうか?

Left Caption

きのこさん

体温や二酸化炭素なんかによってくる習性があったんだね!
Right Captionブドウスズメさん
でも対策方法もたくさんあるのね。

そうだね!アブが人間をしつこく追いかけるのには大きく3つの理由がありました!

アブは「温度が高いもの」「二酸化炭素」に集まると言う習性を持っていましたね!その条件にたまたま人間が当てはまっていたと言うのが真実でした!

ただ稀に「血液を吸うため」にアブは人間を追っかけてくることもありましたね。

Left Captionきのこさん
吸血のアブは怖いね!

だけどアブに追いかけられにくくするための「対策方法」もありました!

あらかじめ「虫よけスプレーをかけておく」他「濃い色の服を着ていかない」「車のエンジンを止めておく」などの対策方法がありましたね!

また万が一刺されてしまった時の対処法も解説しました!もう一度見直して是非覚えて帰ってくださいね!

Left Captionkinokon
この記事ブックマークしとくと後で役に立つかもね!

というわけで!この記事では「アブに追いかけられる理由と対処方法」について解説してきました!

お役に立てていたら幸いです!

キャンプなどのレジャーに出かける際には是非アブ対策の準備を整えてから行くようにしてくださいね!

Left Captionkinokon
いじょう!kinokonでした!
Right Captionきのこさん
きのこさんでした!
Left Captionブドウスズメさん
ブドウスズメさんでした。
関連記事も見てって↓