「羽」「羽根」「翅」「翼」の違いって何?それぞれの意味や使い分けを解説!

豆知識・雑学,昆虫,動物

突然ですが皆さんは「羽」「羽根」「翅」「翼」の意味や使い分け方を知っていますか?それぞれ似たような言葉ですがしっかりと意味や使い分け方が存在しているのです。日本語って難しいですよね・・・。この記事ではそんな「羽」「羽根」「翅」「翼」の意味や使い分け方について解説していますので是非最後まで見ていってくださいね!


Left Captionkinokon
どうも!kinokon(@ikimono_net)です!
Right Captionきのこさん
きのこさんです!
Left Captionたけのこさん
たけのこさんです!

カラフトフクロウ

 

今回は「生き物が空を飛ぶための器官の紛らわしい呼び名について解説していこうと思います!

生き物が空を飛ぶための器官ってまた難しく書きましたが、要するに「ハネ」のことですね。

このハネと同じような意味をもつ言葉が「羽」「羽根」「翅」「翼」となんと四つもあります!

Left Captionきのこさん
わ!思ってたよりハネみたいな意味の言葉ってたくさんあるね!

そうなのよ!これはめちゃくちゃ紛らわしいですよね!

もちろんこれは全て異なる意味の言葉になります。この4つの言葉には使い分けが必要なのです。

そんな紛らわしい「羽」「羽根」「翅」「翼」の意味と使い分け方をこの記事では詳しく解説していきます!

Left Captionkinokon
是非最後まで見ていってくださいね!

それぞれの使い方について

羽について

ハシビロコウ

 

まずは一番よく使われる「」について解説していきましょう!

羽は「鳥や昆虫が空を飛ぶための器官」「飛行機が空を飛ぶための器具」に使用される用語になります。

機械」についているハネも多くは羽の漢字を使われていますね!

Left Captionたけのこさん
結構万能な言葉って感じだね!

羽根について

羽根については「羽」と同様な意味で使われることもありますが、「体から離れている状態の羽」をあらわす言葉としても用いられます!

地面に落ちているハネなどはこの「羽根」が当てはまると言うことですね!また鳥類の羽が加工された場合もこの「羽根」が使われます

ただ辞書や鳥類学では「羽」と「羽根」は使い分けられておらず、同一の意味として使用されています

Left Captionたけのこさん
ちょっとだけ違いがあるんだね!

翅について

ベニシジミ

 

」は生物学の専門用語で使われる用語で「昆虫類が持っている飛ぶための器官」と言う意味があります!

昆虫のハネには「羽」や「羽根」も使われることがありますが、生物学では昆虫のハネは「」と表記されるのですね!

あまり使うことがない用語かもしれませんが覚えておくといいかもしれませんよ!

Left Captionきのこさん
間違えて使わないように覚えておこう!




翼について

ハクトウワシ

 

さて、最後に「」の意味について解説していきましょう!

翼は「鳥類やコウモリの飛行器官」「飛行機の飛行器具に使われる用語になります!

昆虫についてはちょっと曖昧で、使われたり使われなかったりするのですが昆虫には「」と言う言葉がありますのでこの記事では「使わない」と結論つけさせていただきます。

Left Captionkinokon
昆虫について翼はもしかしたら間違っていない可能性もありますのでこれについては一つの可能性としてみていただければと思います。

使い分けについて

アオサギ

 

さて、では次にこれらの言葉の「使い分け」について解説をしていきたいと思います!

これについては「鳥類」「昆虫」「コウモリ」「飛行機」に分けて一覧で解説していきましょう!

それぞれに飛行器官に使われる言葉は以下のとおりになります!

Left Captionきのこさん
ざっくりと見ていこう!
使い分け方

昆虫・・・羽・羽根(生物学では羽と同一)・翅

・・・羽・羽根・翼

コウモリ・・・羽・羽根・翼

飛行機・・・羽・翼

と、それぞれの使い分けとしては上のとおりになります!

昆虫の「羽根」については本来の意味からは異なっていますが、生物学では「羽・羽根」は同一の意味として使われているためどちらを使用しても問題ありません

また鳥類学から見ても「羽・羽根」は使い分けられておらず、同一の意味になりますので、どちらを使用しても問題はありません。

Left Captionkinokon
ただ生物学・鳥類学以外では羽根の意味が抜け落ちた羽根のみの意味になる可能性がありますのでご注意ください。




まとめ

 

いかがでしたか?

紛らわしい「羽」「羽根」「翅」「翼」の違いについてわかりましたでしょうか?

Left Captionきのこさん
似たような言葉だけどちゃんと違う意味があったんだね!
Right Captionたけのこさん
使っていい時と使っちゃダメな時もしっかりあるんだね!

そうだね!「羽」「羽根」「翅」「翼」は同じ意味ではなくそれぞれに意味がありました

今まで混同して使用していた人は驚いたのではないでしょうか?

しかし日本語って似たような言葉多いですねぇ。

Left Captionkinokon
日本語が難しいって日本人でもよくわかるよねこれ。

そしてこの四つの言葉はおんなじような言葉でしたが、それぞれにちゃんとした用途があり当てはまらないときもありました

昆虫の「」なんかはもうほぼ昆虫専用の言葉でしたね。

また「羽根」については体から抜け落ちた1本の羽のことであるといった意味がありましたが、生物学的には同一の言葉として使われているなどなかなかに紛らわしかったです。

Left Captionkinokon
ぶっちゃけいま頭が混乱していますwむつかしい。

さて!そんなわけでこの記事では「羽」「羽根」「翅」「翼」の意味や使い分けについて解説してきました!

この記事が役に立っていれば幸いです!

しっかりと覚えていざという時に使えるように備えてくださいね!

Left Captionkinokon
いじょう!kinokonでした!
Right Captionきのこさん
きのこさんでした!
Left Captionたけのこさん
たけのこさんでした!

 

関連記事も見てって↓

豆知識・雑学,昆虫,動物

Posted by kinokon