ウスバキトンボの生態を解説!空き地によく飛んでいるトンボ!

2021年8月8日昆虫,トンボの仲間

ウスバキトンボはよく公園や空き地の空を飛んでいるオレンジ色のトンボです!皆さんも一度は見たことがあるのではないでしょうか?名前はあまり聞きなれないとは思いますが、日本では最もよく見ることが出来るといっても過言ではないトンボになります。そんなウスバキトンボについて詳しくまとめました!是非見てくださいね!


Left Captionkinokon
どうも!kinokon(@ikimono_net)です!
Right Captionきのこさん
きのこさんです!

今回は「ウスバキトンボ」について解説をしていきます!

空き地なんかでよく飛んでいるトンボです!

日本で一番見ることが多いトンボといっても過言ではないかもしれませんね。

Left Captionきのこさん
どこにでもいるよね。

夏場は上見たら大体こいつが飛んでいるイメージですね(笑)

そんなわけでこの記事では「ウスバキトンボ」について詳しく解説していきます!

是非最後まで見ていってくださいね!

ウスバキトンボってどんな昆虫?

ウスバキトンボ

トンボ科ハネビロトンボ亜科

学名:Pantala flavescens

体長:4センチ~5センチ

時期:4月~11月頃

生息地:全世界の熱帯・亜熱帯(日本を含む)

よく見られる場所:水辺・空き地など

ウスバキトンボは学名【Pantala flavescens】体長は4、5センチほどとトンボとしては特に大きくもなく小さくも無い普通なサイズですね。

とても長い間見ることが出来るトンボで、春から冬の間まで飛んでいる姿を見ることが出来ます

街中でも普通に見ることが出来るため最も身近なトンボといえますね。

Left Captionkinokon
少なくとも僕のとこではよく飛んでますよ!

別名について

ウスバキトンボは主にお盆の時期によく姿を見かけるため「精霊トンボ」「盆トンボ」なんて名前で呼ばれることがあります。

精霊トンボって呼び方なんかいいですよね!

どっかで聞いたことがあるような気がしますが。

Left Captionkinokon
ふりゃー。

何処でも見かけるトンボ

トンボは水辺付近に生息する種が多いのですが、ウスバキトンボは水辺から遠く離れた場所まで移動する習性があります

だから空き地なんかでよく見かけるんですね!

逆に言うと水辺以外で飛んでいるトンボは大体ウスバキトンボということになりますね!

Left Captionきのこさん
飛んでいる場所でも見分けが付くんだね!

グライダーのように飛行する

ウスバキトンボは広い羽を持っており、風を受けることでグライダーのように飛ぶことが出来ます

飛んでいるのを見るとよく静止しているように見えるのですが、うまく風を利用していたのですね!

トンボの中でも飛行能力が高い種なのかもしれません

Left Captionきのこさん
ウスバキトンボってずっと飛んでるよね!



赤とんぼではない

ウスバキトンボは夏や秋ごろによく飛んでいることからよく「赤とんぼ」と間違われますが、ウスバキトンボは赤とんぼには含まれません

一般的に赤とんぼと呼ばれているトンボは「ナツアカネ」と「アキアカネ」になります。

そもそもウスバキトンボは体がオレンジ色なので赤くないんですよね。

Left Captionkinokon
でも一瞬赤く見えるんだよなあ。

体が脆い

ウスバキトンボは実は体が脆いトンボになります。

その脆さたるや虫取り網で捕まえただけでも潰れてしまうほど。

みなさんウスバキトンボは大切に扱いましょう。

Left Captionkinokon
捕まえるときは優しくね。

餌について

ウスバキトンボは主に小型の昆虫を捕獲して食べています

基本的には飛んでいる獲物を空中で捕獲するようです。

流石空のハンターですね!

Left Captionkinokon
かっこいいね!

天敵について

【画像は天敵のシオヤアブ

 

ウスバキトンボは空のハンターなのですが、同じ空のハンターの餌食になってしまうことがあります。

ウスバキトンボは主に「シオヤアブ」「シオカラトンボ」「ギンヤンマ」などの昆虫や鳥類などが天敵となります。

同じトンボの仲間の中でもやはり大きな種には勝てないのですね

Left Captionkinokon
上には上がいるって事だね。



ウスバキトンボについてのまとめ

 

いかがでしたか?

ウスバキトンボについて分かりましたでしょうか?

Left Captionkinokon
わりと何処にでもいるトンボだったね!
Right Captionきのこさん
赤とんぼではないんだね!

そうだね!ウスバキトンボは何処にでもいるお馴染みのトンボでした!

日本全国で見ることが出来、水辺陸地関係なく飛んでいます。

日本ではお馴染みのトンボですね!

そして時期的に勘違いされやすいのですが、ウスバキトンボは赤とんぼと呼ばれるトンボではありません

しかし別名はあり、お盆によく飛んでいることから「精霊トンボ」や「お盆トンボ」などという名前で親しまれてきました!

餌は主に小型の昆虫を空中で捕らえ捕食しますが、逆に空で捕まり捕食されることもあります

上には上がいるってことですね。

さてこの記事を書いている今はちょうどお盆です!(2021年8月)

よければ是非近場の空き地へウスバキトンボを見に行ってみてはいかがでしょうか?

暑いので水分補給・塩分補給を忘れないように!

Left Captionkinokon
いじょう!kinokonでした!
Right Captionきのこさん
きのこさんでした!

昆虫,トンボの仲間

Posted by kinokon