ポルターガイスト現象について紹介!種類や名前の由来などを解説!

心霊, 豆知識・雑学, オカルト

ポルターガイストという現象を聞いたことはありますか?ポルターガイスト現象とは誰も触れていないのに物が勝手に動く、ラップ音や発火・発光が何もないところで起きるといった常識では考えにくい現象です。この記事ではそんなポルターガイスト現象について詳しくまとめています!是非見ていってくださいね!


どうも!kinokon(@ikimono_net)です!

Left Caption

たけのこさん

たけのこさんです!
Right Caption

ブドウスズメ先輩

ブドウスズメさんです!

今回は久しぶりに「オカルト」な分野について紹介していきましょう!

皆さんは「ポルターガイスト」という現象をご存知ですか?

Left Caption

たけのこさん

ぽるたぁがいすと?なにそれ?

この現象の有名なところでは、触れていないものが勝手に動くといった怪奇現象が上げられるでしょうか。

もちろん物というのは生き物ではありませんので、電気の力や何かしらのエネルギーを受けた場合にしか動くことはありません

飾っている人形が勝手に移動するなんてことはありえませんよね?

しかし世の中には勝手に物が動く現象が度々報告されています。

このポルターガイスト現象にはいろんな原因があるのですが、中には科学的にも勝手に動き出したとしか思えない事例もたくさんあります。

Left Caption

ブドウスズメ先輩

物が勝手に動き出す・・・・怖いわね・・・。

そう、そのあまりにも非科学的な状況から、ポルターガイスト現象は「霊による仕業だ!」といわれることもあります。

さて、そんなポルターガイスト現象ですが、一体どんなことが起きたのでしょうか?

この記事ではポルターガイスト現象について、実際に起きた事例などを詳しく紹介していきます!

是非最後まで見ていってくださいね!

ポルターガイスト現象について

ポルターガイスト現象を見てみよう!

まず始めにお話しておきたいことがあるのですが、この記事ではポルターガイスト現象を映したとされるYoutube動画をいくつか貼り付けています

上の動画もそうなのですが、覚えておいていただきたいのは「作られた映像である可能性」がある点です。

一見ひとりでに物が動いているように見えますが、これはカメラに見えない細さの糸(ナイロン糸)なんかを使えば再現できる場合があります。

なのでこの記事で紹介する動画については「ポルターガイストがおきたらこんな感じなのか」といった目で見て下さい。

Left Caption

ブドウスズメ先輩

これらの動画が本物か偽者かなんて判別できないものね。

うんうん、それに怖さも半減するしね!

さて!前置きはここまでにしてポルターガイスト現象について解説していきましょう!

なんどか説明しましたが、ポルターガイスト現象というのは「勝手に物が動き出す現象」のことになります。

上のYoutube動画がその現象になりますね。誰もいないのにドアが開いたり物が動いたりしています・・・。

Left Caption

たけのこさん

これ怖いね・・・・。

そうだね、これはアイスランドの学校にある監視カメラに映った映像みたいだけど、何もないのに突然物が動きはじめています

地震であれば全てのものが揺れますし、動物がいるなら映像に映るはずです。

しかし上の動画にはそれらしき揺れも動物も映ってはいません。

まさにありえない光景です。

ここでもう一つのYoutube動画を用意させて頂きました!

この動画では何種類かのポルターガイスト現象を見ることができます

中には目の前で「それ」が起こった人もいます。ポルターガイストは無人の場合だけに起こる現象ではないことが分かりますね。

ポルターガイスト現象の種類について

物がひとりでに動き出すことがポルターガイスト現象であると紹介してきました。

しかし実はポルターガイスト現象の中には「物が関係ない」ものもあります!

Left Caption

たけのこさん

え!?物が関係ないポルターガイストってなんなの!?

ここまでは「勝手に動き出すことをポルターガイスト現象であると解説しました。

しかし実はそれ以外の現象も報告されているのです!

というわけでこの項目ではポルターガイスト現象といわれている現象の種類を紹介していきます!

ざっくりと取り上げるとポルターガイスト現象にはこれだけ種類が存在しています!

 

  • 物が勝手に動く
  • 何もないところから音が鳴る
  • 何もないのに発光する
  • 何もないのに発火する

 

はい、最初に紹介した「勝手に物が動く」に加え、何もない場所での「」「発光」「発火」などもポルターガイスト現象に含まれています。

この中では「何もないところから音がなる」現象であれば経験したことがある人もいるのではないでしょうか

いわゆる「ラップ音」がこれに当たります。僕も何度も経験していますねこれ。

お風呂に入っていると誰もいないのにドアを何度も殴るように叩かれたこともあります。

Left Caption

ブドウスズメ先輩

え・・・・それ怖すぎない・・・?

過去色々経験しましたがこのラップ音が一番怖かったです・・・。

他にも光源がない場所での突然の発光火元が無い場所での突然な発火もあるようです。

ポルターガイストというと物が勝手に動き出すというのが有名ですが、ポルターガイストにも色々な種類が存在するのですね!

ポルターガイストの語源について

ここではポルターガイストの「語源」について紹介しています。

今でこそポルターガイストと聞けば「ああ、心霊現象の」とわかりますが、そもそもポルターガイストってどういう意味なのでしょう?

Left Caption

ブドウスズメ先輩

確かにポルターガイストの意味って知らないわね。

もちろんちゃんと意味があってポルターガイストと名がつけられています

ポルターガイストとは「ドイツ語」であり、poltern(騒々しい音を立てる)+ geist(幽霊)でポルターガイスト(Poltergeist)と書かれます。

要するに「うるせぇ霊」って訳になるでしょうか?

雑な説明ですがポルターガイストという言葉はドイツ語から来ていたことが分かりましたね!

Left Caption

ブドウスズメ先輩

もう少し丁寧に説明しなさいよ・・・。

ポルターガイストの説について

ポルターガイスト現象は過去様々な考察がされてきました。

いたずら説」「幽霊の仕業説」「気のせい説」「どうせ妖怪のせい」など、いろんな説が上げられています。

Left Caption

たけのこさん

あれ、最後の違うくない?

ポルターガイスト現象について調べていると面白い説がいくつか見つかったので、この項目ではポルターガイストの説について見つかったものをずらっと紹介していきたいと思います!

皆さんはどの説を押しますか?悩みながら見ていってくださいね!


ポルターガイストの説一覧

 

  • 心霊現象説
  • 超常現象説
  • 自然現象説
  • いたずら説
  • 見間違い・気のせい説
  • 建築不良説

理解するのが少し難しい説もありましたのでそちらは省いて書くとこのような説が見つかりました。

心霊現象説」「いたずら説」や「見間違い・気のせい説」などここまで紹介した可能性の他にも、「超常現象説」や「自然現象説」などいろいろな説がでてきました!

特に面白いと思ったのは「超常現象説」で、知らず知らずのうちに念力のようなものを使っているのではないか、といったものがありました!

また自然現象説は文字通り、自然環境によって引き起こされた現象であるという説です。

建築不良説は例えば家が建築不良で傾いており、それのせいで物が移動しそれをポルターガイスト現象であると勘違いした、といった説になります。

中にはイタズラであると判明したものもありますが、やはり解明できない事例があるのも事実です!

探してみればこの説以外にも有力なものがあるかもしれませんね!

Left Caption

たけのこさん

オカルト分野はこういった考察が楽しいんだよね!



ポルターガイスト現象についてのまとめ

 

いかがでしたか?

ポルターガイスト現象についてわかりましたでしょうか?

Left Caption

たけのこさん

勝手に物が動き出すなんて怖い現象だね。
Right Caption

ブドウスズメ先輩

でもいろんな説があってどれも面白い内容だったわね!

そうだね!ポルターガイスト現象は勝手に物が動き出すというとてもホラーチックな現象でした。

物が動く他にも「」「発光」「発火」などが何もない場所から起こり、これもまたポルターガイスト現象として認定されています。

そんなポルターガイストですが心霊現象とする説や他にも様々な説があることを解説してきました!

中には「そんなバカな」と思ってしまうようなものもありましたね!

今後ポルターガイスト現象について解明される日は来るのでしょうか?正体がわかるのは楽しみですが少し寂しい気もします。

皆さんもポルターガイスト現象には気をつけてくださいね!

物を片付け忘れたりすると夜何かが起こるかもしれませんよ

いじょう!kinokonでした!

Left Caption

たけのこさん

たけのこさんでした!
Right Caption

ブドウスズメ先輩

ブドウスズメさんでした!

心霊, 豆知識・雑学, オカルト

Posted by kinokon