オジギソウの生態を解説!花言葉や毒性・葉が閉じる仕組みなど詳しく紹介!

2019年9月4日植物,マメの仲間

オジギソウという植物を知っていますか?葉っぱに触ると葉が閉じていき、その姿が頭を下げたお辞儀に見えるという面白い植物だよ!オジギソウは園芸でも人気な植物で、お花も可愛く良く育てられている一面があります!あなたもオジギソウを育ててみませんか?


Left Captionkinokon
どうも!kinokon(@ikimono_net)です!
Right Captionきのこさん
きのこさんです!
Left Captionたけのこさん
たけのこさんです!

今回は「オジギソウ」について解説していきたいと思います!

みなさんも名前は聞いたことがあるのではないでしょうか?

子供のころ触って遊んだと言う方も多いのではないかと思います!

Left Captionたけのこさん
あの触ると葉っぱが閉じていく面白い植物だよね?

そうそう!めちゃくちゃ動く珍しい植物です!そして案外身近なんですよね。

というわけでこの記事ではそんな「オジギソウ」について詳しく解説していきます!

是非最後まで見ていってくださいね!

オジギソウってどんな植物?

オジギソウ

マメ科ネムノキ亜科オジギソウ属

学名:Mimosa pudica

草丈:30センチ~50センチほど

開花時期:7月~9月ごろ

生息地:世界中

オジギソウは学名【Mimosa pudica】大きさは大体30センチ~50センチほどの植物です。意外と大きいですね。

原産地は南アメリカで、そこから世界中に帰化したといわれています。簡単に言うと南アメリカから広がってったって感じです!

日本では沖縄県でのみ野生のオジギソウを見ることが出来るんだそうですよ!

Left Captionたけのこさん
日本でもオジギソウって見られるんだ!

葉が閉じる仕組み

オジギソウの葉っぱが閉じる理由は少し説明が難しいのですが、細胞膜が細胞壁に与える圧力を失うことで起こるとされています。

外からの何らかの刺激で茎の特定の部位から「カリウムイオンや塩化物イオンなどのイオンが放出される」のですが、このイオンは「液胞から水や含有物を排出させる効果があるので細胞の圧が減って葉が閉じられる」というわけになります。なんのこっちゃ。

とりあえず簡単に言うとオジギソウは「刺激を受けることで葉っぱの中の水その他物質が抜けるため水の力で開いていた部分が閉じていく」ってな感じと考えていただければ大丈夫です。

Left Captionkinokon
こういう難しい話って眠くなZZZ・・・。

葉が閉じる理由について

先ほどオジギソウの葉っぱが閉じる仕組みについて解説しましたが、では何故オジギソウは葉を閉じる必要があるのでしょうか?

これについて色々と調べてみたのですが、どうやらまだ理由はわかっていないんだそうです。

今後何かわかればいいですね!

Left Captionkinokon
身近なことでもわからないことって案外多いんだよね。

別名について

オジギソウには実は他の名前でも呼ばれることがあります

オジギソウの和名は「オジギソウ」なのですが、実は「ネムリグサ」と言う名前も和名とされています!

他にも「ミモザ」とも呼ばれることがある意外と呼び名が多い植物です!

Left Captionkinokon
どうでもいいですがゲームなら絶対睡眠属性の効果がつく名前ですよね「眠り草」って

名前の由来について

オジギソウの名前の由来は一番の特徴である「葉っぱが閉じていく習性」にあります!

オジギソウの葉っぱは刺激を受けると葉っぱが閉じていき最終的には茎ごと下のほうに下がっていきます。

その様子がまるで「お辞儀」をしているように見えるため「お辞儀草」と名づけられました!ちなみに「ネムリグサ」も下がった様子がまるで寝ているようであるから「眠り草」となっています!

Left Captionきのこさん
どちらも葉が閉じる習性から名前がつけられたんだね!



かわいいお花を咲かせる

オジギソウは閉じる葉っぱに注目がいきがちですが、実はこんなにもかわいいお花を咲かせてくれる植物になります!

なんだかポンポンみたいな、ふわふわなお花を咲かせるんですね!

色もピンク色だし、女子受けめちゃくちゃ良さそうです!

Left Captionきのこさん
これはじめて知った人驚いたんじゃない?

花言葉について

オジギソウの花言葉は「感じやすい心」「感受性」「敏感」「デリケートな感性」「謙虚」「失望」などになります!

なんだか打たれ弱い心を表わしているような、はかないイメージの花言葉ですね。

確かにお花もなんだかデリケートな感じですもんね。

Left Captionたけのこさん
ちょっと触っただけで散っちゃいそうだもんねお花。

毒性について

実はオジギソウは「」を持っている植物になります!これはビックリなお話ですね!

オジギソウには毒性アルカノイドのミモシン」という毒が含まれており、触ることには問題はありませんが食べてしまうと「脱毛」の作用があるといわれています。ただ人体にはそれほど影響はありません。

詳しくは下に詳しいサイトを貼り付けておきますが、くれぐれもオジギソウを食べたりペットに与えたりはしないでくださいね!

Left Captionたけのこさん
うにゃにゃにゃ・・・

触りすぎると枯れる?

ネットでオジギソウについて調べていると「触りすぎて枯れる」といった検索が多かったので真偽を調べてみました。

するとどうやら触りすぎると葉っぱが閉じなくなってくるんだそう。またオジギソウにストレスがかかると言った記述も見られました。

触りすぎると枯れるということは実際ないそうですが、あまり触りすぎると成長が阻害されるとも言われてるのであまり触らないほうがいいでしょう。

Left Captionkinokon
触った時に葉が傷ついたらそこから枯れることもあるかもね。




オジギソウについてのまとめ

 

いかがでしたか?

オジギソウについてわかりましたでしょうか?

Left Captionきのこさん
葉っぱが閉じるのって結構難しいお話だったんだね。
Right Captionたけのこさん
お花も綺麗だったね!

そうだね!オジギソウは刺激を受けると葉っぱが閉じていきまるでお辞儀をしたように茎から下がっていく面白い植物でした!

葉っぱが閉じる仕組みはなんだか複雑でしたが、水が抜けるといったことでしたね。

ただ葉っぱが閉じる「意味」については今のところはわかっていませんでした。

Left Captionkinokon
いつか解明されるといいですね!

そして葉っぱにばかり注目がいきがちですが、実はお花もとても綺麗な植物でした!

これ好きな人多いのではないでしょうか?

気になった方は育ててみるのもいいと思いますよ!

Left Captionkinokon
オジギソウを育てるのは簡単らしいので是非!

と言うわけでこの記事では「オジギソウ」について解説してきました!

楽しんでいただけていれば幸いです!

お店の花壇などでオジギソウを見かけましたら是非観察してみてくださいね!

Left Captionkinokon
いじょう!kinokonでした!
Right Captionきのこさん
きのこさんでした!
Left Captionたけのこさん
たけのこさんでした!
関連記事も見てって↓

植物,マメの仲間

Posted by kinokon