イイダコの生態を解説!名前の由来や寿命・天敵についてなど詳しく紹介!

タコの仲間,水の生き物

皆さんは「イイダコ」というタコをご存知ですか?イイダコは美味しい食材として昔からよく食べられてきました。漁はもちろん釣りでも簡単に釣ることができる美味しいタコさんです!そんなイイダコについてこの記事では詳しくまとめています!是非ご覧ください!


Left Captionkinokon
どうも!kinokon(@ikimono_net)です!
Right Captionきのこさん
きのこさんです!
Left Captionブドウスズメさん
ブドウスズメさんよ。

今回は「イイダコ」について解説していきたいと思います!

イイダコは日本ではよく食用にされているため知っている人、食べたことがある人も多いのではないかと思います。

僕は給食で出た覚えがあります!美味しかったなぁ。

Left Captionkinokon
また食べたいな。

っと失礼。この記事ではイイダコの調理方法ではなく生態について解説していきます!

イイダコがどんな生き物なのか、詳しく解説していきますね!

是非最後まで見ていってくださいね!

イイダコってどんな生き物?

イイダコ

マダコ科マダコ属

学名:Octopus ocellatusOctopus fangsiao)

体長:10センチ~30センチほど

釣期:9月~12月ごろ

生息地:日本(北海道南部日本沿岸域以南)・朝鮮半島南部・中国沿岸部など東アジアに広く生息

よく見られる場所:浅い海の砂地など

イイダコは学名【Octopus ocellatusまたはOctopus fangsiao体長は10センチ~30センチほどと小型のタコになります。

日本では北海道南部日本沿岸域以南で見ることが出来、朝鮮半島南部や中国沿岸部など東アジアで広く見ることが出来ます。

10メートル~20メートル以下の浅い海の砂地に生息している身近な生き物です!

Left Captionブドウスズメさん
海水浴場なんかでも運河よければ見られるかも知れないわね。

名前の由来について

イイダコの名前の由来は産卵期のメスの見た目にあります。

産卵期のイイダコのメスは胴体(頭部)にぎっしりと卵胞が詰まっており、その見た目がまるで米粒が詰まってるように見えることから「飯蛸(イイダコ)」と呼ばれるようになりました。

ちょっと可哀想な名前の由来ですね。

Left Captionkinokon
あまり気にしないようにしよう。

色々な物を利用して身を隠している

イイダコは自然界にあるものや人間が捨てたものなどを利用して身を隠すことがあります。

上の可愛らしい画像のように大きな貝殻や岩場の影、そして空き瓶や空き缶などに隠れて天敵からやり過ごしているのです!

だからってゴミのポイ捨ては絶対しないでくださいね!

Left Captionkinokon
ゴミのポイ捨てがなければもっと世界は平和になれます!

天敵について

イイダコの天敵は主に肉食の魚類になります。

詳しくは「マゴチ」「エソ類」がイイダコの天敵になります。

そしてもちろんイイダコを食料とする「人間」もイイダコの天敵になりますね。

Left Captionブドウスズメさん
天敵から隠れながら生きていってるのね。

食用にされる

イイダコは美味しい食材として広く親しまれているタコです。

「煮付け」や「唐揚げ」「酢の物」や「汁物」など様々な料理にしても美味しいため昔から食べられてきました!

なんと「弥生時代」や「古墳時代」からイイダコを食べていたと思われるイイダコ獲りの器具が見つかっているんだそうですよ!

Left Captionkinokon
海外では「ギリシャ」「トルコ」などでも食べられているそうですよ!




イイダコ釣りについて

イイダコは釣りで釣ることができるタコになります!

イイダコは砂地に生息しているため砂浜などから「テンヤ」や「スッテ」等の仕掛けをつけて投げズル引き(仕掛けを海の底につけ引きづるように糸を巻く技法)で狙うことが出来ます!

ズル引き最中「グッ」と竿が重くなったらイイダコがかかった合図なんだそうです!

Left Captionkinokon
イイダコ釣りはしたことあるのですがまだ釣り上げたことはないので今後の目標です!

餌について

イイダコは夜行性の肉食動物になります。

餌は主に「甲殻類」「多毛類」「貝類」など、海の底で生活している生き物を食べて生きているタコさんです。

しかしどうやって夜の暗闇の中そんな小さな生き物を見つけてるんでしょうね。

Left Captionきのこさん
暗闇でも目がはっきり見えるのかな?

寿命について

イイダコの寿命は「約1年ほど」と言われています。

もっと長い間生きそうなイメージがありますが、意外と寿命が短い生き物なんですね。

というかたった1年で30センチにまでなる個体がいるのは凄いですね!

Left Captionブドウスズメさん
たくさん食べることが出来た個体なのでしょうね!




イイダコについてのまとめ

 

いかがでしたか?

イイダコについてわかりましたでしょうか?

Left Captionきのこさん
貝殻に隠れてるイイダコかわいかったね!
Right Captionブドウスズメさん
昔から食べられているタコなのね。

そうだね!イイダコは大きな貝殻や海底に落ちているビンなどに入って身を隠す習性がありました。

そうやって昼間は天敵から隠れ、夜に獲物を求めて外に出てきます。

海底のゴミ拾いしてたらゴミに隠れてたイイダコが拾えるかもしれませんね!

Left Captionkinokon
ゴミとイイダコが拾えて一石二鳥ですね!

そしてイイダコは昔から食べられている歴史ある食材でもありました!

「弥生時代」や「古墳時代」などから漁が行われ食べられていたなんて驚きですね!

日本ではかなり歴史深い食材です!

Left Captionきのこさん
昔からイイダコのおかげで人間は生きているんだね!

というわけで!この記事では「イイダコ」について解説してきました!

楽しんで読んでいただけていたら幸いです!

イイダコを見かけましたら是非観察してみてくださいね!

Left Captionkinokon
いじょう!kinokonでした!
Right Captionきのこさん
きのこさんでした!
Left Captionブドウスズメさん
ブドウスズメさんでした。

 

生き物好き必見!

 

生き物の豆知識・雑学93個

 1つ5分で徹底解説!

ポケットモンスターバイオレット

 

ブログ実況始めました!】

運営者【kinokon】プロフィール
物心つく前からカエルと遊び 学校の休み時間には生き物探し
プランターで家庭菜園! 大人になって釣りや夜中の昆虫採集! そんな生き物大好き管理人が運営しています! 日々生き物の魅力を伝えるべく活動!
Twitterはこちら

タコの仲間,水の生き物

Posted by kinokon