アライグマの生態を解説!タヌキとの見分け方や天敵・餌についてなど詳しく紹介!

2019年10月2日アライグマの仲間,動物

みなさんは「アライグマ」という動物を知っていますか?おそらく一度は耳にした事があるのではないかと思います。アライグマは非常にかわいらしい見た目をした動物なのですが、日本には外来種として生息しており「様々な害を引き起こす」として駆除が進められている動物になります。そんなアライグマについてこの記事では詳しく解説していますのでよければ是非読んでみて下さい。


Left Captionkinokon
どうも!kinokon(@ikimono_net)です!
Right Captionきのこさん
きのこさんです!
Left Captionブドウスズメさん
ブドウスズメさんよ。

この記事では「アライグマ」という動物について解説していきたいと思います!

今では「害獣」としての一面が強い動物ですね、もしかしたら日本で野生の個体を見たことがある人もいるかもしれません。

見た目はとてもかわいらしいのですが、様々な害をもたらしてしまうことで嫌われています

Left Captionブドウスズメさん
気の毒な動物よね・・・

そう、今では悪評ばかり耳にしますが元はといえば我々人間の身勝手がアライグマをこのような動物に仕立ててしまったのです。

というわけでこの記事ではそんな「アライグマ」について詳しく解説していきたいと思います!

是非最後まで見ていってくださいね!

アライグマ

アライグマ科アライグマ属

学名:Procyon lotor

体長:40センチ~60センチほど

生息地:アメリカ合衆国・エルサルバドル・カナダ・グアテマラ・コスタリカ・ニカラグア・パナマ北部・ベリーズ・ホンジュラス・メキシコなど

移入地域:日本・フランス・ベルギー・ルクセンブルク・オランダ・ポーランド・ドイツ・チェコなど

よく見られる場所:森林・都市部など

アライグマは学名【Procyon lotor】体長は「40センチ~60センチ」ほどの動物です。

日本では「外来種」として生息しており、海外では上の国に分布しています。

おもに森林で見かけますが、都市部でも多く見られる動物です。

Left Captionたけのこさん
日本だけじゃなくていろんな国に外来種として侵入してるんだね!

名前の由来について

アライグマの名前の由来はとある「しぐさ」にあります。

アライグマは手に持ったものを「洗う」ようなしぐさをすることがあり、これが名前の由来となっているのです!

ものを「洗う」から「洗い(アライ)グマ」ということなんですね!

Left Captionブドウスズメさん
そのまんまね。

ものを洗う理由について

先ほどアライグマの名前の由来は「ものを洗うしぐさ」であると解説しましたが、では何故そのようなしぐさをするのでしょうか?

実はアライグマって水中の獲物を狩るときに、この「洗うようなしぐさで獲物を捕まえる」のだといいます。

しかし飼育下の場合は水の獲物を捕まえるということがまずないため行動を抑制された結果ものを水で洗うようなしぐさをとるのではないか」といわれています。

Left Captionkinokon
他に乾燥した食べ物も水が無くても手でこすったりするから「手でどんなものか確認している」行動なのではないかとも言われているみたいですよ。

足跡について

アライグマの足跡は上の画像のように「5本の指」の後がくっきりとわかるのが特徴になります、ちょっとかわいいですね。

他の同じくらいのサイズで四足歩行の動物は「肉球」のような足跡になるので、アライグマの足跡はかなり特徴的といえます。

家の敷地に動物が出入りしてるという人は足跡を探してみるとアライグマか違う動物かはこれで判断が出来ますよ。

Left Captionたけのこさん
かわいいけど家の敷地に来ちゃうのは困るね。




タヌキとの違いについて

アライグマとよく間違われる動物として「タヌキ」が挙げられます、並べてみてもわりと似ていますよね。

ただ見分けるのは簡単で、まず「尻尾」について「縞々模様があればアライグマ」「縞々模様が無ければタヌキ」と見分けることが出来ます。

また顔についても「顔の真ん中に黒い縦線があればアライグマ」「顔の真ん中に黒い線が無ければタヌキ」と見分けられます!

Left Captionkinokon
ほかにも違いはありますがこの二つが特にわかりやすいです!画像と見比べて見分けられるようになってみてくださいね!

外来種としての一面

アライグマはお話したとおり日本でも「外来種」として生息している動物になります。

とても繁殖能力が高く、また環境適応能力が高いため個体数がどんどん増えていき現在「特定外来生物」「日本の侵略的外来種ワースト100」などに名前を連ねる悪評高い動物になっているのです。

それゆえにアライグマの駆除に対して「捕獲協力金」を出している自治体もあり、一刻も早く根絶が望まれている動物です。

Left Captionkinokon
かわいそうですがこれは仕方が無いんですよね・・・

獰猛な性格である

アライグマはかわいい見た目ではありますが実は非常に「獰猛」な性格をしている動物です。

かわいいからとアライグマに近づいたら痛い目を見ることがありますので、アライグマを見かけても近づかないようにしましょう。

また散歩中のペットについても同様に攻撃される恐れがありますので、野生のアライグマには近づけさせないようにしてください。

Left Captionブドウスズメさん
何かあってからじゃ遅いから近づかないことね。




アライグマによる被害について

次にアライグマが日本で及ぼしている「被害」について解説していきましょう。

アライグマによる被害は主に「農作物の食害」や「病原菌・寄生虫の媒介」「ペット・家畜への危害」「人間への危害」などになります、どれも非常に困ったものなのですが、特に注意すべきは人間への危害でしょう。

先ほどお話したとおりアライグマは獰猛な性格をしており、近づくと襲ってくる可能性があるほか「マダニ」や「病気」などを媒介していることもあり非常に危険です。

Left Captionたけのこさん
とにかく近づかないことが大事だね・・・・!

野生化した経緯について

アライグマは元々日本には生息していなかった動物です、では一体何故日本に生息するようになってしまったのでしょうか?

これには大きく分けて2つの説があり、一つは1970年代に放送されたアニメ「あらいぐまラスカル」でアライグマの人気が有名・人気になり大量に輸入されペットとして飼育されたが手に負えず逃がされた個体が繁殖したする説

もう一つが施設で飼育していた個体が逃げ出した個体が繁殖した説になります。

Left Captionkinokon
おそらくどちらもアライグマの拡大に影響していると思いますが、ペットとして購入した後手に負えず逃がしたケースは許せませんね。

寿命について

アライグマの寿命は野生下の個体で「約2年~5年」ほどといわれています、意外と短い寿命ですね。

一方で飼育下での寿命は「約10年~15年」ほどになります、しっかりと環境を整えてあげれば寿命の三倍も長生きできるんですね!

環境って大事ですね・・・

Left Captionkinokon
しかし野生下の寿命こんなに短いとは思わなかった・・・!




餌について

アライグマは何でも食べることが出来る「雑食」の動物になります!

具体的には「昆虫類」「甲殻類」「両生類」「爬虫類」「魚類」「鳥類」「哺乳類」「無脊椎動物」やその死骸を食べるほか「果実」などの植物性のものも好んで食べます。

このため日本では在来の色々な生き物を食べ生態系を脅かしているとして危険視されているのです。

Left Captionkinokon
逆に言えば生き物として非常に強いといえるんだけどね・・・

天敵について

アライグマは見た目も可愛らしくてなんだか弱そうなイメージがありますが、実は日本では「天敵はいない」動物になります!

ただ本来の生息地では「ピューマ」や「コヨーテ」などの肉食動物が天敵になるんだそうです。

だから日本で特定外来生物になるまで増え続けることができたんですね。

Left Captionたけのこさん
天敵がいないんならそりゃたくさん増えることも出来るよね。

見られる施設について

アライグマは特定外来生物に指定されており一般家庭では飼育が出来ません動物園などの施設については飼育が許可されているので展示されていることがあります

日本では数多くの施設でアライグマが展示されているので安全にかわいい姿を見ることが出来ますよ!

下に展示施設一覧が乗っているサイトを貼り付けておきますので興味があれば是非見に行ってみてくださいね!

Left Captionkinokon
かわいいアライグマを動物園で見てみよう!

【詳しいサイトはこちら!】


 




アライグマについてのまとめ

 

いじょうが「アライグマ」についての解説となります!

アライグマについてわかっていただけましたでしょうか?

Left Captionたけのこさん
タヌキとは似てるけど全然違ったね!
Right Captionブドウスズメさん
申し訳ないけど数を減らさなくちゃいけないのね。

そうだね、アライグマは「タヌキ」とよく似た見た目をしていますが、見分け方さえ知っていれば簡単に見分けることが出来ました

一番わかりやすいのは「尻尾に縞模様があるかないか」でしょう、パッと見でもわかるのでこれだけでも覚えて帰っていただければと思います。

間違ってもタヌキをアライグマだと勘違いして駆除しないようにしましょうね。

Left Captionkinokon
タヌキは「鳥獣保護法」で守られている動物なので、勝手に駆除すると罰則を受ける場合があります!

そしてアライグマは日本に「外来種」として生息しており、日本の生態系に悪影響を及ぼす動物であるため「駆除」していかなければならない存在でした。

また農作物の食害や病害虫の媒介・ペットや家畜・人への危害など様々な害を及ぼしてしまう動物でもありました。

アライグマたちは今を懸命に生き抜いているだけなので心苦しいのですが、今後何とかしなければいけません。

Left Captionkinokon
本当に気の毒ですが仕方ないですね・・・

というわけで!この記事では「アライグマ」について解説していきました!

参考になっていれば幸いです!

動物園でアライグマが展示されていたら是非観察してみてくださいね!

Left Captionkinokon
いじょう!kinokonでした!
Right Captionたけのこさん
たけのこさんでした!
Left Captionブドウスズメさん
ブドウスズメさんでした。

 

生き物好き必見!

 

生き物の豆知識・雑学93個

 1つ5分で徹底解説!

ポケットモンスターバイオレット

 

ブログ実況始めました!】

運営者【kinokon】プロフィール
物心つく前からカエルと遊び 学校の休み時間には生き物探し
プランターで家庭菜園! 大人になって釣りや夜中の昆虫採集! そんな生き物大好き管理人が運営しています! 日々生き物の魅力を伝えるべく活動!
Twitterはこちら

アライグマの仲間,動物

Posted by kinokon