オオゾウムシの生態や特徴について大紹介!北海道から九州まで分布する大型のゾウムシ!

昆虫ゾウムシ

オオゾウムシという昆虫を知っていますか?オオゾウムシは日本では外来種を除いて一番の大きさを誇るゾウムシです!樹液に集まるゾウムシで、カブトムシやクワガタムシなどと一緒に樹液を食べるところも見かけます。実は昆虫ゼリーで簡単に飼育できる昆虫です!








どうも!kinokon(@ikimono_net)です!

Left Caption

きのこさん

きのこさんです!
Right Caption

たけのこさん

たけのこさんです!

昆虫にはたまにおかしな見た目のものがいます。

何でそんな見た目になったん?と思わず聞いてしまいそうになる面白い昆虫も少なくはありません。

そんな中でも今回はゾウムシの仲間オオゾウムシ」について紹介していきます!

Left Caption

きのこさん

ゾウのお鼻のような器官がある昆虫だよね!

そうそう!ゾウムシにはゾウのお鼻のような部分があるんだ!

かなりユニークな昆虫だよ!

そんなわけでこの記事ではそんなゾウムシの仲間「オオゾウムシ」について詳しく紹介していくよ!

是非最後まで見ていってくださいね!
グーペ



オオゾウムシってどんな昆虫?


オオゾウムシは体長約1センチから3センチ程とゾウムシの中では大型の種類です!

外来種を除いた日本在来のゾウムシの中ではこのオオゾウムシが最大種となっています!

学名は【Sipalinus gigas

頭の部分にゾウの鼻のように見える部分があるのが特徴です!

これはゾウムシの口なのです!みたいですね!

ちなみに死んだふりもします。

なかなかに面白い見た目の昆虫です!

動きもかなりゆったりしているので、観察もしやすい昆虫です!

Left Caption

たけのこさん

なんだか可愛いね!

やっぱりそう思う?僕もなかなかに可愛い昆虫だと思っているんだ!

初めて見た時は得体が知れなすぎて少し怖いかもしれないけど

爪も鋭くないし毒も無い、そしてゆっくりした動きはかなり癒しだと思うなあ・・・

ちなみにオオゾウムシは黒い個体も存在しています!

一瞬別のゾウムシに見えますがこれもれっきとしたオオゾウムシです!

そんなオオゾウムシは日本では北海道から九州、海外ではインドネシア・フィリピンから中国・台湾・朝鮮半島と東南アジア~東アジアまで幅広く生息している昆虫でもあります!

主に樹液を食べ、よくカブトムシ←クワガタムシ←カナブンと一緒に樹液を食べているところを見かけます。

そのため実は飼育は簡単で、日本のカブトムシ←と同じ飼育セット←で飼育が出来ます!

エサは昆虫ゼリーで問題ないので、興味がある方は飼育してみるのも面白いかもしれませんよ!

Left Caption

たけのこさん

そんな簡単に飼育出来ちゃう種類なんだね!

そうなんだ!ただ飼育下での産卵についてはかなり困難であり、まだまだわかっていないことが多いんだって!

結構普通種なのに知られてないところがあるのは面白いですね!

猫の脱走防止専門店【ねこ工房】



オオゾウムシについてのまとめ

 

どうでしたか?

オオゾウムシについてわかりましたでしょうか?

Left Caption

きのこさん

不思議な見た目だけどなんだか可愛らしい昆虫だね!
Right Caption

たけのこさん

色も若干違って面白い!

これでゴキブリ並みに動きが早かったらきっと嫌われてたであろう・・・

ゆっくりな動きだから怖くないし、なんだか見入ってしまう魅力がありますね!

飼育も簡単なため、自由研究なんかに持って来いなんじゃないでしょうか?

この記事のサムネ画像も僕の友人が街中で見つけて写真を撮影してくれたものです。

場所によっては普通に街中にもいるので、樹液が出ている木を探したら見つかるかもしれませんね!

見つけたら是非観察してみてください!

といってもぼーっとしてるか死んだふりで動かないかかもしれませんが笑

いじょう!kinokonでした!

Left Caption

きのこさん

きのこさんでした!
Right Caption

たけのこさん

たけのこさんでした!

ブドウスズメ先輩

人気ブログランキングに参加しています!一日一回クリックお願いします↓
Left Caption

きのこさん

次はこんな記事がおすすめ!生き物に詳しくなれるよ!