ノボロギクの生態や特徴を大紹介!実は毒がある春の植物!

キクの仲間, 植物雑草

ノボロギクという植物を知っていますか?ノボロギクは春先にそこらじゅうで見かけることが出来る一般的な雑草です!電信柱の隙間やちょっとした空き地なんかに生えている姿を良く見かけます。春といえばノボロギク!というかたもいるのではないでしょうか?







どうも!kinokon(@ikimono_net)です!

Left Caption

きのこさん

きのこさんです!
Right Caption

ブドウスズメ先輩

ブドウスズメさんです!

今回は「ノボロギク」について紹介していきます!

春先には様々な場所で見かけることが出来る植物です!

Left Caption

きのこさん

壁とコンクリートの地面との間に生えてたりするよね!

そうだね!小さく頑張っている姿は良く見るね!

あまり目立たない植物ではあるけど、ふと道路脇に目をやると意外と生えてたりする植物だね!

というわけでこの記事では「ノボロギク」について紹介していきます!

是非最後まで見ていってくださいね!

 こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」



ノボロギクってどんな植物?

ノボロギクはキク科キク亜科の植物です!

学名は【Senecio vulgaris草丈は20センチから40センチ程と小さめなのが特徴です!

日本では明治初期にヨーロッパから入ってきて、現在では日本全国で見ることが出来ます

人によっては春の花として愛でられることもあるでしょう!

ブドウスズメ先輩

綺麗なお花だものね!

しかしノボロギクはとても強い植物なので、畑などでは邪魔者として扱われることもあります。

ちなみにノボロギクという名前とは別に「タイショウクサ」「オキュウクサ」という別名もあります。

ノボロギクの花について

ノボロギクの花の特徴としては同じ場所に花が密集する点があげられます!

上の画像を見ていただければわかると思いますが、花がまとまっていますよね。

また上の画像でもう少しで咲くつぼみのようなものがありますが、これがノボロギクのお花になります。

ノボロギクのお花はもうこれ以上開かないのです!

Left Caption

きのこさん

え!?タンポポみたいにぱっかーんと花開かないの?

そう、ノボロギクは花が開かない植物になるよ!

つぼみのような見た目から黄色い花の部分が少し見えるだけなんだ!

面白い植物だよね!

ノボロギクには毒がある

 

ノボロギクには実は毒が含まれています。

といっても触ったり見たりするには無害なのですが、食べることはおすすめされません。

ノボロギクには「ピロリジシンアルカノイド」という毒があります。

これはノボロギクだけでなく、ツワブキ←フキ←などの食用植物にも含まれています。

ツワブキ←フキ←などはしっかりと毒抜きをすることで食べることが可能になりますが、詳しい情報が無かったためここでは紹介しません。

ブドウスズメ先輩

危険かもしれないから見て楽しむだけにしましょうね。

ノボロギクについてのまとめ

 

どうでしたか?

ノボロギクについてわかりましたでしょうか?

Left Caption

きのこさん

春の定番な植物だったね!
Right Caption

ブドウスズメ先輩

お花は開かないのが面白いわね!

そうだね!春になったらそこら辺に生えてくるよ!

場所によっては群れて生えるからノボロギク畑みたいな光景が広がることもあるね!

そしてノボロギクは食べることはおすすめできない植物でした。

食べるのは危険だから観察して楽しみましょう!

いじょう!kinokonでした!

Left Caption

きのこさん

きのこさんでした!
Right Caption

ブドウスズメ先輩

ブドウスズメさんでした!

ブドウスズメ先輩

人気ブログランキングに参加しています!一日一回クリックお願いします↓


【kinokon】
生き物好きが高じてブログを開いてしまった者
特に好きなのは昆虫です!
自分自身勉強しながらブログを盛り上げています!
実はめちゃくちゃめんどくさがり屋
最近のブームはモンストです。
メインTwitter
緊急時用Twitter
pixiv

カテゴリー一覧