地球最大の昆虫メガネウラについて大紹介!食べ物についてや肺を持っていたことなどメガネウラの生態に迫ります!

2019年11月18日昆虫, トンボの仲間絶滅種

地球史上最大の昆虫「メガネウラ」トンボのような見た目の昆虫メガネウラの大きさは約70センチといわれており一時代の王者として君臨していた。しかし環境の変化が起こり絶滅の道を辿ることとなった・・・・。この記事ではその理由について解説しています。

 

どうも!kinokon(@ikimono_net)です!

Left Caption

たけのこさん

たけのこさんです!
Right Caption

ブドウスズメ先輩

ブドウスズメさんです!

ところでみんなはトンボって見たことあるかい?

動きが早くて、しかもホバリングも出来る、魅力あふれる昆虫だね!

Left Caption

たけのこさん

昔田んぼにたくさん飛んでたのを捕まえてたっけ!

秋になると稲穂の上にたくさんのトンボが飛んでるよね!

秋の風物詩といえるかな。

話は変わってこの記事ではメガネウラという生き物を紹介するんだけど

これが簡単にいうと巨大トンボなんだ。

大きさは羽を開いた状態でなんと約70センチといわれているんだよ!

Left Caption

たけのこさん

え?70センチ?70センチ????

そう、70センチ

この記事では巨大昆虫メガネウラについて紹介していくよ!

是非最後まで見ていってね!

メガネウラってどんな昆虫? 

メガネウラは約2億9000年前に生息していた、最大の昆虫といわれている昆虫だよ。

実は和名がゴキブリトンボなんだって、ゴキブリって・・・

現在は絶滅しているからご安心を。

Left Caption

たけのこさん

なんだ・・・でも少し見てみたかったかも

だね、さぞド迫力だっただろうね。

さてこのメガネウラ、羽を広げると約70センチになると言われているんだけど

なんと幼虫(ヤゴ)の状態でも約30センチはあったのではないかといわれているんだ!

ちなみにヤゴってこんな奴ね。

 

これは日本最大のトンボであるオニヤンマのヤゴなんだけど、大きいもので4センチ程度くらいなんだ。

いかにメガネウラのヤゴがぶっ飛んだ大きさかわかるよね

Left Caption

ブドウスズメ先輩

子猫より少し大きい昆虫がいるってことだものね・・・

とんでもないよね・・・・

でもこのメガネウラ、実はトンボとは別の進化をした昆虫だとも言われてるんだ。

なぜこんなにも大きくなれたのか

昆虫といえばあまり目立たない大きくも無いよね。

実はメガネウラ生きていた時代にも現代のトンボのようなサイズのものもいたらしいんだ。

じゃあなぜメガネウラはなぜこんなに巨大化してしまったのか

いや ‘‘できてしまったのか‘‘ その理由を紹介していくよ!

メガネウラが出現していたころ、地上ではシダ植物が大繁栄していて空中の酸素濃度が約35パーセントもあったんだ。

現在の酸素濃度が21パーセントなんだって。

ちなみに現在この21パーセントを維持し続けているらしいんだ。

酸素濃度はそう簡単には変動しないのがよくわかるよね。

そしてこの酸素が多いとどんなことが起こるかだけど、簡単に言うと大型の生物が生存できるんだよね。

またメガネウラの時代では地球の平均気温が今よりもはるかに高かったのではないかとも言われているんだ。

そういった経緯もありメガネウラ大きい体を維持することができたと考えられているよ。

さらにメガネウラには「」があったともいわれているんだ!

通常昆虫は気管と気門酸素を体に送っているんだけどメガネウラは肺が無ければ酸素を十分に取り込めなかったということなのかもしれないね。

Left Caption

たけのこさん

その環境に適応できたということなんだね

そう、そして当時メガネウラには天敵がおらず、捕食者として両生類魚を食べていたといわれているよ。

まさに空の王者といえるかな。

 Z.com WP




飛ぶのが苦手だった?

メガネウラは立派な羽を生やした昆虫だったんだけど、実は飛行能力はそこまで高くなかったといわれているんだ。

というのも体が大きいせいまんぞくに飛ぶことが出来ず、羽をたまに羽ばたかせての滑空が主な飛行方法と考えられていて

今のトンボみたいにホバリングが出来なかったといわれているんだ。

そしてハグロトンボのように羽を閉じてとまることも出来なかったんだって。

さらに大きすぎて木にとまることも出来なかったとも言われているよ。

Left Caption

たけのこさん

大きいからだと引き換えに少し不自由になってしまったんだね

そうだね、でも向かうところ敵なしといった生き物だったから大してデメリットではなかったのかもしれないよ




なぜ絶滅したのか

 

こんなにも強いメガネウラがなぜ絶滅してしまったのか、それは環境の変化天敵の出現が大きいとされているよ。

メガネウラが強いとされてきた時代にはまだ小さな生物が多く天敵がいなかったのだけど

だんだんと他の生物も進化を始め、天敵(翼竜や小型飛行性爬虫類等)が現れるようになったんだ。

うまく羽で飛ぶことが出来ないメガネウラは次々と捕食をされ続け、数を減らしていったといわれてるよ。

それに加えてジュラ紀の低酸素の時代が到来し、酸素が減っていくにつれても数を減らしていったと考えられているんだ。

そして生息域であった森に何らかの影響で水が流入してしまい、生息地が減っていったことも、絶滅の原因の一つと考えられているんだ。

Left Caption

ブドウスズメ先輩

だんだんとメガネウラに厳しい世界になっていったのね・・・

そう、かつて最強と言われていた恐竜が環境の変化によって滅んだように、メガネウラも環境の変化によって滅んでいったんだ。

大昔の生存競争いかに厳しいものであったかがよくわかるね。




メガネウラについてのまとめ

 

どうだったかな?

メガネウラについてわかったかな?

Left Caption

たけのこさん

かつて最強の捕食者だったのに逆に捕食される側に回ってしまったんだね
Right Caption

ブドウスズメ先輩

まるで下克上ね

そうだね、昔の時代はより環境に適応する生物が生き残るといった時代であったから

適応するのが遅れてしまう立場が逆転することも珍しくはなかったんだ

メガネウラも突然の環境の変化に対応できなかったんだね。

もしメガネウラが生き残っていたとしても、体は小さくなっているんじゃないかなと思うよ。

酸素も昔よりは薄いし、大きいから天敵に見つかりやすく、逃げるのにも時間がかかると思うからね。

とはいえどうなるかはメガネウラに聞いてみないとわからないけどね。

もしトンボを見かけたら少し立ち止まって観察してみて欲しいな。

もしかしたらメガネウラの進化した姿かもしれないよ。

いじょう!kinokonでした!

Left Caption

たけのこさん

たけのこさんでした!
Right Caption

ブドウスズメ先輩

ブドウスズメさんでした!

ブドウスズメ先輩

人気ブログランキングに参加しています!一日一回クリックお願いします↓

 

Left Caption

きのこさん

次はこんな記事がおすすめ!生き物に詳しくなれるよ!


【kinokon】
生き物好きが高じてブログを開いてしまった者
特に好きなのは昆虫です!
自分自身勉強しながらブログを盛り上げています!
実はめちゃくちゃめんどくさがり屋
最近のブームはモンストです。
メインTwitter
緊急時用Twitter
pixiv

カテゴリー一覧