コキンメフクロウの生態や特徴を大紹介!小さくて可愛いフクロウ!飼育も可能?

フクロウの仲間, 動物

コキンメフクロウという動物を知っていますか?コキンメフクロウはとても小さいフクロウなのですが、その容姿がとても可愛いと人気の高いフクロウです!日本でも飼育が出来る種類で、ちらほら飼育している方も見かけます。そんコキンメフクロウについて紹介していますので是非読んでみて下さい!







どうも!kinokon(@ikimono_net)です!

Left Caption

きのこさん

きのこさんです!
Right Caption

たけのこさん

たけのこさんです!

今回は「コキンメフクロウ」について紹介していきます!

とても小さいフクロウで、凛々しい顔立ちながらとても可愛らしいフクロウです。

ペットとしても非常に人気で、飼育されている方もツイッターなどでちらほら見かけます!

以前触れ合う機会があったのですが、心奪われる可愛さでした・・・・!

これは人気だよなあと思わず納得してしまいましたね笑

Left Caption

きのこさん

フクロウって可愛いよね!小さいのは本当に癒される・・・・

そうだね!大きなフクロウはかっこよくて、小さなフクロウは可愛い!

僕も大好きな種族です!

というわけでこの記事では「コキンメフクロウ」について紹介していきます!

是非最後まで見ていってください!

レンタルサーバーなら【Z.com】



コキンメフクロウってどんな動物?


何じゃこの可愛い生き物は・・・

コキンメフクロウのツイート探してたらとんでもない破壊力の子が見つかったので貼り付けておきます。

可愛さの暴力・・・ありがとうございますありがとうございます・・・・

では本題に戻りましてコキンメフクロウについて紹介していきます!

コキンメフクロウは学名【Athene noctua】体長は約23センチから27センチととても小さなフクロウです!

昼間にも活動するフクロウで、主に昆虫やミミズ、小さな両性類などを食べます。

「コキンメ」という名前のとおり目が金色に見える点も特徴ですね!

ちなみに漢字で書くと小金目梟となります。

生息地はヨーロッパと北アフリカから中国までのアジアで、イギリスには本来生息していなかったのですが帰化してしまっているようです。

アテナ」や「ミネルヴァ」などの女神の従者であるといわれており、知恵・芸術・農業の象徴とされることもあります。

コキンメフクロウの学名のAtheneはギリシャ神話の女神である「アテナ」に由来しているとも言われています。

昔から人間とかかわりのあったフクロウなんですね。

そんなコキンメフクロウは前述しましたとおり人気の高いフクロウで、飼育されることもあります。

飼育難度としては比較的低いほうなのですが、知識と技術が必要になります。

またフクロウ自体とても臆病な動物になりますので、環境も整えなければなりません。

コキンメフクロウを見てくれる病院も見つけておかなければいけませんね!

そのため気軽に飼育できる動物ではありませんが、もし興味がありましたらしっかり勉強し環境を整えた上でお迎えしてあげるようにしましょう!

ちなみにお値段15万円から20万円です。

Left Caption

たけのこさん

高っ!!!

レンタルサーバーなら【Z.com】



コキンメフクロウについてのまとめ

 

どうでしたか?

コキンメフクロウについてわかりましたか?

Left Caption

きのこさん

小さくて可愛いフクロウさんだったね!
Right Caption

たけのこさん

昼間も活動が出来るんだね!

めちゃくちゃ可愛いフクロウさんだよ!この子飼ってみたいなあ!

そして昼間も活動をする少し珍しいフクロウでもあるんだ!

基本フクロウは夜行性で昼間は寝ていることが多いのですが、このコキンメフクロウは昼間でも活動できるみたいですね!

コキンメフクロウなら昼間も寂しくありません!

もしいろいろと余裕のある方がいらっしゃいましたら飼育してみるのもいいと思いますよ!

家にフクロウがいる素敵な生活をしてみませんか?

いじょう!kinokonでした!

Left Caption

きのこさん

きのこさんでした!
Right Caption

たけのこさん

たけのこさんでした!

ブドウスズメ先輩

人気ブログランキングに参加しています!一日一回クリックお願いします↓